バックナンバー

建設の凄い情報

  • トップ /
  • 建設業界における安全管理

建設業では十分な安全管理が必要

建設現場では、少しの不注意が事故や怪我に結び付くため、徹底した安全管理が求められます。また現場には建築部門の他に、土木部門の従業員や内装工事の関係者など、複数の業種の人たちがチームを組んで働いています。そのため連絡事項の行き違いがないよう、建設業界では十分な指導が行われています。さらに大手の評判の良い業者では、労働安全衛生マネジメントシステムなどの周知を図り、従業員全員が安全管理を心掛けています。いくら製品の品質管理をしっかり行っても、安全管理が行われなければ、建設業では収益の向上には結びつきません。特に近年、安全衛生活動に対する取り組みが、見直されています。また現場以外の本社や支社でも、評判の良い企業では、安全管理の自覚をもたせるような社員教育をしています。また若い世代を中心に、建設系の正社員や派遣の求人も多く、評判や条件の良いものから決まっていきます。建築以外に設備施工管理や電気工事などの業種もあり、入社後に技能講習などを受けて、資格を取得することを条件にしている建設会社もあります。認知度の高い資格としては技術士や技術士補、さらに建築士免許や建築設備士などがあり、これらの資格があれば、就職にも有利です。

↑PAGE TOP