バックナンバー

建設の凄い情報

  • トップ /
  • 建物の建設と安全管理対策の関係

建物の建設後に必要な安全管理

建物に人が住んだり、様々な用途に使用する以上、建物には火災危険や人命危険などがあります。そのため建物の所有者や管理者は安全管理のための対策を講じる義務があります。建築基準法によって建物の所有者や管理者は規模の大小に関係なく建築物を安全な状態に維持する対策をとる義務があるとされています。定期的に検査や改修工事などを行うことで設備機器や建物の工作物による事故、火災などのリスクを最小限に抑えるための対策をとらなければなりません。また、新たな建設のタイミングだけでなく、建物の使用方法や管理方法などにも常に目を向け、安全性に欠けるところがないかを検証することが大切になります。一例ですが建設後の経年劣化で危険な状態になっていた看板などが落下して事故を引き起こしたり、老朽化したエレベーターの事故によって重篤なけがを負わせるなど、適切に建設物の安全管理をしていれば明らかに未然に防げた可能性の高い事故も発生しています。法に定められた内容によって常に適法な状態を維持して、定期的に検査を行うことや状況に応じて必要とされる部分への改修をすることは建設後築年数が経過した建物の安全管理に関しては特に重要になります。

↑PAGE TOP