バックナンバー

建設の凄い情報

  • トップ /
  • 建設現場での安全管理の大切さ

建設現場の安全対策について

建物の建設を行う際に、安全管理は必須事項です。安全管理が行き届いていない現場では、事故が多発します。現場で事故が多発すれば、世間的な評判が悪くなります。また最近ではマスコミが、様々な媒体を使って情報収集を常に行っています。建設現場で起きたほんのわずかな事故でも、テレビ局のカメラが飛んできます。特にわずかな被害だったとしても、通行人や現場のスタッフが、ケガを負う事故が建設現場で起きれば、マスコミの格好の的にされてしまいます。トラブル回避のため、安全管理に費用を出す事は有意義な先行投資と言えます。いざ事故が起きてしまえば、その事故の補償問題のみならず、マスコミによる風評被害に苦しめられます。特に話題のスポットで建物や店舗を建設する際は、念のために多額の費用を投じて安全管理をすべきです。安全管理にやり過ぎる、という観点は不要です。石橋を叩いて渡る精神が建設会社には不可欠であり、多額の費用を投じて、現場スタッフの数を倍増させたり、他の企業の支援を借りる等、リスクマネジメントを予め施しておいた方が何かと安心です。人件費や安全対策の費用をたっぷりと付ける企業はその分、社会貢献をしている事になり、自然と世間からの評判も上がっていきます。

↑PAGE TOP